専門車種を取り扱っている店に買取を依頼してみよう。

車種によって、税制は違ってきます

専門車種を取り扱っている店に買取を依頼してみよう。 車には、様々な車種が在ります。軽自動車を始め、コンパクトカー、普通乗用車、大型車、大型免許を必要とするトラック、中型免許で運転可能なトラック等、様々なものが在ります。また、二輪車についても、車両の車種に該当することになります。二輪車等となると、二輪車の他に原動機付自転車も該当することになります。また、バイクについてはバイク税が掛かることになっています。車両については、自転車についても道路交通法上は車両として定義されています。ただ、自転車については免許は不要となっていますし、車検や税金は一切掛からないことになっています。四輪車の場合、軽自動車以外の四輪車については税負担は重くなりますが、低燃費であったりするので、損はしないと思われます。

車検についてですが、軽自動車タイプが一番軽いとされています。コンパクトカー以上については、車検に掛かる費用については基本的には高負担となりますが、業者によっては、ポイント制を実施しており、ポイント払いで車券を受け付けたりすることがあるので、これは注視すべきでしょう。更に、割引制度を実施していることもあるので、これも情報収集をすべきといえます。また、車検についてですが、事業者の場合は経費扱いとなります。給与所得者については、副業をしている場合で車を使う必要性が有れば、経費扱いされる可能性はあり得ます。

税金ですが、軽自動車については平成27年4月前に購入している場合は現行の一万円未満の税額となっています。4月以降については、税額は一万円以上となっているのですが、それでもエコカー減税という適用の余地があるのでこれについてはその都度チェックすべきでしょう。コンパクトカー以上の車種についてですが、税額は減るとされています。軽自動車の負担が重くなるだけでなくて、軽自動車よりも重い車種が税負担が軽減されるのであれば、これについても情報収集すべきとなっています。